スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2011/01/24(Mon)




NHKの大河ドラマ「 江 」
時間になるとチャンネルを合わせています。



昨年秋の旅行は 滋賀県近江八幡・安土城跡周辺でした。

「信長の館」に設置されていた
実物大の安土城の天守閣も 予想通りドラマに登場


         P1050453.jpg


立ち入り禁止だった内部で ロケをしたんだねって場面で 

「うん・うん あった・あった、昇り龍の柱!」と興奮し



ついでに、年表で確認したところ当時8歳の江役 上野樹里さんはじめ
役者さん全般に 「その年齢設定は 無理やろ」とか 





やはり 昨年出かけた安土城跡の記憶も まだまだ鮮明で



安土城の石段で会話する 信長と江の場面では

「あそこ行った・行った!」
「出来たばかりの新しい安土城の石段にしては 現状のままでのロケは 
 石段が古くガタツキ 苔むし過ぎてていませんか」とか






秀吉が家康の家に出入りする場面では

「そう・そう、お互いの館が大手道沿いに在って、お向かいだったモンね
 やっぱり(・・・・何がやっぱりか・・笑)近いから お互い出入りしていたんだね」とか



いろいろ突っ込みどころ満載のドラマではありますが
夫と大盛り上がり!

もちろん、目線を変えた信長像も楽しんでいますw。





大河ドラマのロケ地になるとは予想していましたが

思った以上の楽しみ方ができていて 嬉しいのです。。。。。ってご報告でした 




 
この記事のURL | 日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
七草粥
2011/01/07(Fri)




2011・卯年 明けましておめでとうございます
皆様のご健康とご多幸を お祈りいたします

今年も どうぞよろしくお願いいたします。




         P1050717.jpg





昨夜から降り続いた雪が 庭に積もった屋根雪の上にサラサラと10センチほど重なっており
南天の赤い実 と 千両の葉で どすこい雪ウサギ  。







今年の正月は お嫁ちゃんも二人に増え 
家族全員集合で過ごすことができました 。

いつもの地味な食卓も賑やかなことでした。 

末の子も戻り 静かになった家で
夫と「皆が集まれるってありがたいことだね」と寛いでおります(笑)。







早いもので
年明けから七日たちました。

今日は七草粥の日です。


暮れからの御節の用意や 新年用の料理の産物か
新年早々、胃が重く感じられ
我が家は ここのところ 胃にやさしい 冷蔵庫整理の  雑炊の日々であります。








骨付き鶏肉を生姜と葱で ことこと炊いて白濁したスープの鳥雑炊



            P1050566.jpg









大根や人参・サトイモ・きのこ類・芹を散らした 根菜雑炊
根菜もいいお出汁がでます。

             P1050709.jpg








根菜にスイトンを入れて ゆずを散らしたスイトン雑炊(借画)

             P1050711.jpg




今夜も 七草揃っておりませんが 雑炊にななりそうな我が家です。
お腹に優しく 温まります 




この記事のURL | 日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正月花
2010/12/31(Fri)




正月花

花材料
松・葉牡丹・千両・蝋梅・・・・あれっ!4種ですよ・・・・なので、この後から柳を足します(笑)。





          P1050622.jpg



 
松の形を生かした とても落ち着いた雰囲気に仕上がっています。






いよいよ今年も大晦日
北陸は寒波が入ってきているようです。

そんな中
おかげさまで今年も家族が全員集合で 無事に年を越せそうです。



お世話になりました皆様ありがとうございました。
来る年が 皆様にとって希望に満ちた年でありますように

どうぞ よい年をお迎えくださいませ。
                





この記事のURL | 生け花 | ▲ top
北陸の冬本番・今日のこと
2010/12/26(Sun)




昨日から 空は重くたれ 水分の多い雪が断続して降っています。
寒さと外の足場の悪さから婆さまが部屋に籠り 手ごわくなる季節がやってきました。





   
         P1050612.jpg




こんな日に 滅入っていても
お片づけを頑張るよい子( 私ね・笑 )にはご褒美がありましてね 。



手作りを頂いてから 勿体無くてチビチビ食べていた 胡桃のキャラメリーゼ    
美味しいわぁ ありがとうございます。

その後独り占めしようと 私の「おやつ箱」に大事に片付けすぎて忘れていましたw  。



           P1050136.jpg
 


見つけて歓喜の声を上げていたら 気づかれてしまった家族にも 
 しぶしぶ 分けて 楽しいお茶をしていると

晴れマークのある地方の 天気予報を見ても
「 リタイヤしたら 暖かい地方に引っ越そうか 」なんて気晴らしの会話もでてきます。









もう一つ
金沢の 「福光屋オンラインショップ」さんのプレゼントに応募して当選した品




          P1050602.jpg



 「 すっぴん酒風呂 



生姜に紫蘇・純米の すっぴん酒風呂専用のお酒
温まって、つるつるのお肌になりそうよ

なにせ当選したのが真夏のことなので 使用することなく洗面台の奥深く貯蔵されていましたw。





此方も嬉しい発掘品♪

大粒の霰の音を聞きながらも
「 冬至も過ぎたことだし 日は少しずつ長くなるのよね 」って思えた一日であります。
















 

この記事のURL | 日々 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
越前セイコカニ・足身の取り方♪
2010/12/22(Wed)




越前ズワイカニとセイコカニ(香箱カニ)を頂きました ♪。






          P1050580.jpg













足の剥き身の方法も習いました










これが、目から鱗  



             P1050588.jpg


すりこ木で クリッと足をしごくと  身がニョキッと出てきます 。



お試しあれ ♪。
この記事のURL | 日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大掃除は根気だよ。
2010/12/21(Tue)




今年も残り十日になり
天気予報が 北陸地方の晴れ日は、今日が最後と告げています。



大掃除は毎年の課題です

換気扇の内外は例年通り 少しでも暖かいほうが油汚れも掃除しやすいからと
11月半ば頃似終わっています。





で、やはり例年通り 後は手付かずでいたのですが

さすがに、外回りと 屋内でも暖房の効かない場所は掃除をしなきゃと
晴天だった19日の日曜日から モゾモゾと動いております。



私の最近の課題は 「 断捨離 」です。
数年前から「物を減らす!」と宣言しつつ 「うにゃむなゃ」な生活でした。。。いえ、いまだ進行形。


「今使わなくても、また使うかもしれない」の類があちこちに埋もれています。
今回家具等の大物はひとまず置いておいて、





無理せずごく小さな物からと 自分に優しくはじめました。


たとえば居間にある 以前洒落ていた籠。

マガジンラックのつもりでしたから 新聞と雑誌はよしとして
いつかお取り寄せするつもりのだった美味しかった頂き物の菓子の包装紙
靴下の片方だけ ・中身がほんの少しのハンドクリーム・半年前のメモ紙
行きたいと思った観光地の旅行チラシ・駄菓子が少し残っているの袋・紙袋各種・ほこり・等など。。。。
ゴミ溜のような状態になってい~る。

 

たとえば台所のカウンターの小さな箱や籠
レシートや領収書・ボタン・クリップ・レシピを書き留めたメモ・ろうそく・電池・目薬・名紙
爪切り・診察券・頭痛薬・ネジ・ほこり・などなど



たとえば、洗濯機のそばのカゴ
洗濯バサミ各種・歪んだクリーニングハンガー・片方だけの破れたゴム手袋・軍手・はさみ
洗剤の空容器・着なくなった古いTシャツ・携帯用の洗剤・ゴミ袋・生花用剣山・プチ花瓶まで



一時置きのつもりが手から放した途端 忘れた品々
これら大半が 「あら、あったんだ~」出てきてしまって面倒だな~っと
結局、捨てる物なんだw 。








今回 やっと気づきました。
我が家の場合、一時置きの籠やカゴ・箱等 大小の容器は ただゴミ溜になる可能大です。






そこで






居間の籠を撤去!
台所の小さな籠・箱を撤去!

洗濯機そばのカゴを撤去!

ごちゃごちゃ置かない 。。。ようにしたい!

まずは小さなところからはじめてスッキリを目指したい!







と、片付け始めたのですがね   。。。
















只今 数ヶ月放置していたブログを更新するという掃除から逃避状態の私















何とか小物の整理は今日中に終わらせた。
明日は冷蔵庫と食器棚で台所を終わりたい 。。。。。この後コーヒー飲んで 続けます 














この記事のURL | 日々 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お歳暮のお礼状は?
2010/12/18(Sat)




師走は 贈ったり贈られたりとお歳暮の時期。

ありがたいことに
我が家も 親戚をはじめ仕事関係などから頂くことがあります。



そんな時
お礼を 電話・メール・はがき・手紙・等 どの方法をとられていますか?



私は、お相手との間柄により違いますが

ごく親しければ電話で御礼を伝え、近況を話し合います。

もう少し改まる場合は時には、電話後にハガキを出すことがあります 
。。。30代の頃、贈った方から手紙を頂いて 気配りを教えていただきました 。

お相手と時と場合によっては、ハガキor手紙のみということもあります。









「さてっ・・・・」っと、
葉書きや便箋を前にするとき

礼状を さらりと書けたらどんな素晴らしいだろうと心底思うのです。

























子供たちの結婚に伴いない 礼状を書くことが多くなり
四苦八苦する私、ない知恵を絞りました。










それは


















絵手紙です。













たとえば、





 頂いた品を題材にした これでも自信作の一枚(呆)



            P1050586.jpg



一部に コラージュ(?)も




洋菓子に見えますよね ・ね ? 。。。






絵手紙愛好家の方から お叱りを受けそうな 
絵でハガキの紙面を埋め 文字数を減らすという 姑息な動機で描いています 。





それでも

感謝の気持ちを 気張らず伝えることができているのではと自負しているのです
もっとも、感想を聞いたことがないので少し心配です。



世の皆様 お礼をどう 伝えていらしゃるのか 。。。 気になります   。



この記事のURL | 日々 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
12月の稽古花
2010/12/15(Wed)
今回の花材は クリスマス仕様です。


開くかたち
カラー・ヒペリカム・ドナセナ・モミ


カラーを主枝にと思えど 留りの安定に自信がなく
葉ものを主枝・副枝にしました。

カラー三本のうち 
「一本は短くして 全体を引き締めるように」とアドバイスがありました。


         P1050575.jpg





花器が変わると 雰囲気も少し変わります

         P1050577.jpg


おっ!と、写真に撮ると 葉の動きの単調さに気づきます。
後から直します。

お洒落なクリスマスの雰囲気になりました。
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月の稽古花
2010/12/15(Wed)
 
瓶花・長立型

花材は
石化柳3本・モンステラ・グロリオサ         


最初に 石化柳三本のの枝振りを見て
主枝(器の高さ1.5倍・・・感覚で見極める)
副枝(主枝の3分の2)
を決めました。

いまだに、活けるたび基本を確認しています。

動きはあれど弱い枝を中間高にするか 副枝の添えにするか悩みながら 。。。。。。



          P1050547.jpg


大きな作品です。






帰宅後
手抜きで 剣山を使用して盛り花にしました。

           P1050548.jpg


騒がしい気がするので
やはり、瓶花にしてスッキリとまとめてみました。

ただし、稽古より花器が小さいので
石化柳は2本使用・・・良いのでしょうか?


          P1050552.jpg


存在感たっぷりです。
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
近江八幡
2010/12/13(Mon)





更新を怠けていました。
このまま新記事をと思いつつも、
9月末の近江八幡旅行から続けてみます。



前日に寄った安土城跡から近江八幡に入り
宿泊は駅前のホテルニューオウミ 年季の入ったホテルではありましたが
従業員さんたち皆様 それは丁寧で親切でした。



夕方に 時代劇のロケによく使われるという八幡堀り周辺を散歩後


           P1050373.jpg
  





夫と近江八幡の観光パンフを見ながら 翌日の予定を話しながらの夕食


皿を持ってきてくれるたび疑問を尋ねる 面倒な客の 私たちに
知らないことは他のスタッフに調べてもらっては 教えてくれるウエイターさん


途中からは息子のような若いフロント係が 「暇ですから(笑)」と 
テーブルの側で長々と相談に乗ってくれました(謝)
よいホテルです  。。




二日目

ホテルをチェックアウト後 
駅前のバームクーヘンで有名なたねや本店で お土産は先に購入

まだ残暑の晴天日・車に積んでいるのも心配で、そのままお店に預かってもらいました。



水郷めぐりは 「 手漕ぎ 」の会社を昨夜進めてくれました。
途中、モーター舟ともすれ違いましたが 
確かに風情は手漕ぎが勝っておりました(笑)。
 


    P1050387.jpg


こちらはスタートしてすぐの箇所ですが 春は桜と菜の花がそれは見事だそうです。



「葦簀」の材料の 水郷の葦を刈り取り運んでいた舟。
それがきっかけで 水郷めぐり観光ができたそうな、


最も今は、国産の「葦簀」は安価な中国産に押され生産されないとか
「葦を焼き払って水郷の水路を作っています」とは70代の船頭さんの言葉






昨日の安土山も かなたに見え

当時安土城は三方湖で 天然の堀があったそうな


     P1050392.jpg



この水郷地帯でも時代劇のロケが多いとか
船頭さんの語りも 何かと興味深く面白く


桜も紅葉も 撮影のロケもなかったけれども
あっという間の1時間20分でした 。。。面白かった 。。 






移動して 日牟礼八幡宮 へ 

境内の砂利所は駐車無料と 昨夜ホテルで教えてもらっています。
お昼前の時間帯 混雑の中なんとか駐車して


クラブハリエへ店内は 

買い物客が長蛇の列を作っていました 。。。先に駅前で調達しておいて正解ね。




目的は 此方でいただける 焼きたてバームクーヘン


    P1050395.jpg




今回の目的の一つ ウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築がこちらにもあり

予約すれば、ヴォーリズ建築の部屋でお茶ができるのですが
今回は残念ながら空いていませんでした。



テラス席で まだ熱いバームクーヘンとコーヒーで一休み。
 
「ヴォーリズ建築の部屋を観たいなぁ」と 
諦め切れなくて、目が会った店員さんに


「ヴォーリズさんの部屋見れないかしら?」とたずねると
なんと、「お客様がいなければどうぞ~」と 以外や気楽な返事


     



はい、少し舞い上がりながら

クラブハリエ併設のヴォーリズ建築の洋館

上から下まで 全部見せていただきましたとも




あっと、「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」さんは

近江兄弟を設立し メンソレータム(現メンターム)を販売
教育者でもあり建築家でもあった方。
あの美しい関西学院大も ヴォーリズ建築の一つです。

近江八幡には ヴォーリズ建築が多く残っています。





此方はヴォーリズ夫妻が住んでいた 「ヴォーリズ記念館」 

(要予約 こちらもホテルが予約してくれました。)


       P1050444.jpg



人数制限ありで ヴォーリズ家の居間 (他は立ち入り禁止)でお話を聞きました。

館内の見学は不可能で少し期待はずれでしたが 
此方で説明があった、作り付けの家具や 生活しやすい工夫の建築の見所を知っていたら

先のクラブハリエでは、華美な部分にばかり目がいっていたので
洋館を見る目も変わったとおもいました。




クラブハリヘで写した中から
室内の郵便受けとベンチのある玄関 

これは現代のものではありません 大正時代の建物です

ヴォーリズ記念館にも 同じような造作がありました。
生活者に愛のある建物だとおもいませんか。。 



         P1050404.jpg



作り付けの家具は他にも見ることができました。

         P1050401.jpg










さて、近江商人屋敷も今回の私たちの目的でした。
車は境内に駐車したまま、街中を歩きます。




此方は江戸中期から明治の商家の町並み 新町通り


      P1050431.jpg


水郷が生み出す植物や土から 
蚊帳や葦簀・瓦・運輸と財を得た商人たちの屋敷も 見ごたえがありました。


    



旧西川家住宅・・・・蚊帳を扱っていた商人だそうです。ちなみに布団の西川家は未公開・・・
      

      P1050439.jpg




中庭で目に留まった竹の雨樋です。
当時のままかどうか分かりませんが軒下の竹細工も素晴らしい物でした。


       P1050436.jpg



旧伴庄右衛門邸

       P1050430.jpg

豊かな時代が見えてきます。




帰路に 駅前のたねや本店でお土産を受け取り 
信長の館に寄り 安土城に見とれた後は  高速に乗り帰宅したのです。


一泊とはいえ、十分に時間が取れませんが
事前の下調べと ホテルの方々に助けてもらい 中身の濃い行程でした。



10年前なら オープンした竜王の三井アウトレットに浸っていたかもしれない私
変わったもんだと笑いながら

次はどこに行こうかと 足腰を鍛えながら探しています。



 最後まで読んでくださりありがとうございました。
近江八幡にお出かけの折 参考になることが一つでもありましたら幸いです。
この記事のURL | Going out | CM(2) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。