スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
安土城跡
2010/09/27(Mon)




25日土曜日 仕事終了10時半、11時出発
途中昼食休憩をいれ、
高速を一旦降り 慌ただしく実家の墓参りも済ませ    。 。 。  今度ゆっくりお参りにいきます


八日市インターで高速道路を降り、後はナビに導かれるまま15時40分頃

安土城跡 に到着



駐車して降りると
目の前には福井の朝倉遺跡のような空間があり
「山城だよね」と目の前の小高い山のほうに進むと 

大手門跡から 急勾配の石段が山へと続いているのが見えた。




            
        


彦根城くらいの山道を思っていたので 「きついかな~」と目前の石段に怯みながら進むと
受付が出現 


これも京都の護国神社同様 NHKの大河ドラマ効果なのかと おもわず苦笑 。







「事故は自己責任で ・・・・   。」と書かれた立看板の元には杖も用意されている。

杖は遠慮し 城跡を目指して石段の大手道を いざ登城(?)





         P1050352.jpg



大手道沿い右手に 前田利家邸跡 
それより少し上左手に 羽柴秀吉低跡とある

数年前に放映された「前田利家」の大河ドラマ時の役者が目に浮かび
目の前を彼らが動き始める。


ついでに屋敷も ドラマのセットが思い浮かび
自前の想像力のなさに これまた苦笑



左右の史跡を観ては そのたび役者やセットを思い浮かべ
だんだんきつくなる石段に 息が荒くなる


日ごろの運動不足を反省するころ
信長公本廟・本丸跡・天主跡と 20分で頂上に到着




           P1050365.jpg




背丈ほどの石垣に囲まれた台地 礎石が1.2メートルおきにある此処は
地上6階 地下1階(倉庫)からなる天主の地下の部分だそう





此方は 翌日帰りがけに行った

「信長の館」 にある。原寸大の5・6階部分





            P1050449.jpg




日本で初の天守閣を備えた城で 当時世界でも有数の木造高層建築だったそう。




城跡は 何の手も加えられていない
朽ち荒れて自然そのままの風情が好ましかっただけに



最上階(6階)と5階が 
金箔と朱塗り・狩野派の襖絵と 
目に眩しい華美な豪華絢爛な建築様式を確認して

安土桃山の時代に こんなのが建っていたのかと驚いた。





大手道をヒィーヒィー登りながら 想像した当時の様子を
もう少し整った風に修正するかどうか戸惑ったけれども 。。

繰り返し 自前の想像力はありませんゆえ
NHKの時代考証を尊重して 私の想像修正なしでいくことにしたw 


 



大手門道に幾つか見られた 
石仏・五輪塔をも石段にした造り


案内パンフレットには 信長の合理的なリサイクルとあるが ・・・ 。


天守 あらず 天主というように
権力者は自らが神になりたがるのかと
神仏を恐れない信長像が浮かび上がる。


もっとも、信長が嫌悪した宗教を悪用する歴史が 
後を絶たないのも事実だw。



仏石等が 人に踏まれない端の部分に設置されているのは

工事に携わった人々の 
純粋な神仏への信心が そうさせたのだろうと思うと気持が和らぐ 。  




来年の大河ドラマで 再びスポットが当たり賑わうでしょうが
この安土城跡は このまま自然のであってほしいw



この地を訪れて 特に感じたことは
歴史とは何の関係もないけれど

楽しい旅行をするには
足腰が元気な体が 何より大切ってこと

時間をとるのが難しくても


遠方は老後の楽しみにして
今のうちに 時間的に可能な近場に、
じゃんじゃん出かけようと語り合った(笑)。


近江八幡に続きます。 


               
スポンサーサイト
この記事のURL | Going out | CM(4) | TB(0) | ▲ top
日本いけばな芸術特別企画 in 金沢
2010/09/22(Wed)





日本いけばな芸術特別企画 in 金沢   みる・きく・さわる 

9月22日~23日前期・24日~26日後期 
金沢21世紀美術館、茶室、旧中村邸、赤羽ホールにて開催されています。




22日午後、生け花の稽古仲間と出かけてきました。


西口から21世紀美術館に入ろうとする時 
お師匠さんが、ガラス越しのホールに


小原流の家元のお姿を目に留めたところから 充実の空間と時間が始まりました 。

 




市民ギャラリーA会場入り口
「いけばなの歴史展示」が出迎えてくれます。
      



P1050308.jpg
 
小原流・盛り花







間口5m奥行3mの大作


P1050310.jpg

草月流








P1050311.jpg

小原流
右上の緑の物(?)は20㌔の重さがあるとのことでした。











P1050312.jpg


池坊




シアター21にて オープニングデモ


P1050328.jpg







B1F ギャラリーBは作品展示
力のある作品ばかりで 鑑賞していて 作品に酔っってしまいました 笑。。



下記に私が好きな いくつかの作品を載せてみます。

 

   P1050315.jpg










   P1050318.jpg











   P1050317.jpg









   
P1050314.jpg








   P1050321.jpg










P1050324.jpg










 P1050331.jpg










                                                      P1050334.jpg











                                                       P1050342.jpg





 

     



P1050338.jpg










    P1050343.jpg












    P1050313.jpg











    P1050335.jpg












 


   P1050340.jpg









   P1050347.jpg










   P1050349.jpg







流派もいろいろですが
こうして記載してみると 入門編にいる私ですが自分の好みが見えてきました(笑)。




未だ沢山ありますが、まずはここまで
花材と器との調和・作品の存在感と ズドン(笑)と見ごたえがあり 



近くなら 会期中日参して時間をかけ ゆっくり何度も鑑賞したい企画です。


太っ腹の 入場無料
ぜひおでかけくださいませ。






なお、画像記載に支障がありましたら連絡くださいますか
すぐに、削除いたします。







この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月生花
2010/09/11(Sat)




瓶花・下垂型
野いばら・アレカヤシ・鶏頭





        P1050288.jpg




野いばらの枝振りから 下垂型に兆戦
枝取りなどお任せでしたので



せめて しっかりと復習します。

主枝は器の高さ1・5倍の長さで 正面より45度に振る
主枝から副枝130度
鶏頭を客枝に
中間高に ”アレカヤシ”で高さをだす。





他の方
盛り花・傾斜型



   P1050291.jpg




枝振りで型が決まります。


残暑がぶり返した一日。



  
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いわし雲
2010/09/09(Thu)




今朝の空



          P1050282.jpg




 。
猛暑が戻ってくると TVは告げています

いつの間にか真っ青な空に戻っているけれど 頭上は高くなったような気がします
ちゃんと季節が移っていることに安心します。




この記事のURL | 日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夏の備忘録
2010/09/07(Tue)




今年の夏の備忘録として つらつらと撮ってある画像を載せてみます。





減塩しすぎたからか 梅干を作り始めて25年はたちますが 初めてカビさせてしまった今年の梅干
暑さか 性格か 何かと作り方がずさんなのでしょうかね。

結構こたえています 。。来年の我が家の梅干が足りなくなりそうです。





さて、梅雨明けからの日差しがもったいなくて 梅干の代わりに干したのは




トマト と オレンジ


            P1050081.jpg


ドライトマト と オレンジピールにして

ドライトマトは パスタの具にしたのですが お味が微妙で
輪切りのドライオレンジピールは 
チョコレートでオランジェットにしようと思ったのですが 。。。。 こちらも  。









成功した ドライジンジャー  。。。。。失敗の仕様がないのですがね。(笑)

         P1050225.jpg


薄切りにして 干しただけ

一日で切干大根みたいにチリチリになりました。
瓶に保存しています。

ドライにすると 成分が凝縮し体を温める効果が高まるそうです。


私は冬場ジンジャー蜂蜜にして体を温めようと思っています。       
料理に戻して使ってもいいそうです。






生姜といえば
今年初挑戦の 生姜糖

             P1050228.jpg


水に浸けて灰汁抜きをして 3度ほど湯でこぼした生姜と 
同量から50パーセントのグラニュー糖
レモン汁少量で作ります。

レシピは クックバットを参考にしています。


お味は生姜糖ですから 「芝舟」という菓子の砂糖の味そのものです(笑)
此方も 寒くなってからのお楽しみに瓶に保存しています。






甘酢生姜(ガリ?)は毎年作っており
夏場は 千切りにして茗荷や大葉とともにご飯に混ぜることがあります。




画像右上の混ぜご飯

         P1050149.jpg


焼肉風の献立のときなど さっぱりとご飯がいただけました。







ご飯の友に やはり今年初めて 糠漬 に挑戦しました



こんなので(笑)

            P1050189.jpg






お味はまだまだですが
贔屓の引き倒しで 「美味しい」と言いながら食べています。



畑の野菜がありがたいことです。


           P1050207.jpg




今年の暑さは 台所に立つにはたいそう厳しく
そうめんの「ぶっかけ」は昼に夜に何度も作りましたw


          P1050263.jpg



似たような献立に 夫から文句が出ないことに甘えさせてもらっています。







毎年作る
梅ジュースや 梅ジャムのクエン酸が
夏バテを防いでくれていると思っています。




            P1050127.jpg

         

もっとも 使われている少なくない糖分が
夏痩せも阻んでいるのもたしかですw。



気が付けば いつの間にか日は短くなり
朝晩は少しづつ過ごしやすくなってきています

暑い暑いとは言いながらも 季節は動いているようです。


今日は台風の影響か 雨で気温は下がり クーラーを止めました


明日は台風一過で 
さわやかな秋がやってきますようにと願っています。
             
      
この記事のURL | 日々 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
残暑の日々2
2010/09/04(Sat)




年齢とともに 顔映りの良いファッションを心がけねばと
今年購入したこちらは 手持ちのスカートにもパンツにも似合っています(笑)。



 
        P1050239.jpg



大人(年齢がね)の私にシックリきて
大人のアクセサリーは皺とたるみからの目線外しに 大振りがお勧めって本当だわと納得。

でも、こんなのならいいけれど
ゴールドや貴石のアクセサリーの大振りって …・・・・・・・・まっ、後から考えよう・・スイート31もあるw 



夏はこれくらいがいいのよと 嬉々としてこちらを首にお出かけしました♪。










一時間後















「むむ・・首が ・・・・重い?」
















「あらら 肩が・・・こる?」
















「う~ん 頭が・・・・・・痛い!!」












で、2時間後にはあえなく外しましたw。














大振りの装飾品を 耳に首に指にと着けている年配のセレブの皆様

重くないですか?
肩がこりませんか?
慣れていますか?



大振りのアクセサリーに縁のなかった私
お洒落は我慢とは よく聞くことですが

私は快適優先です。






















実はこの夏知ったことが もう一つありましてね。






え~っと
今年の猛暑日 皆様どんな服装をしていますか




我が家の夫のお気に入りは 
Tシャツより  裸より サッカー生地のシャツ

サラサラして肌に張り付かない感触に手放せないそうです。



確かに私も、同じ綿のTシャツでも 
涼しい感触の物ばかり着ています

はい、こだわりは 快適さです。








一枚で済む ワンピース好きの私
洗濯機でじゃんじゃん洗えるワンピースで過ごしていますが



いまだ成長期の私

以前はユルユルだった
ウエストに切り替えがあるタイプのワンピースが少しきつくなってきて





サイズに遊びのない分 暑く感じるので
どうしたものかと考えて 




こんなのを


      P1050273.jpg



胸にダーツがあるだけのストンとしたワンピース
8割は直線縫い♪

中厚の綿で サラッとした感触の生地を選択。
裏地なんか ありませんとも






これが まぁ楽なんです
でもね、鏡に映る姿を見て思い出しました。




子供のころ 見かけた アッパッパ に似ています(笑)。


サッカー生地なら最高でしょうが 手ごろな生地がなくってね(笑)





楽です 緩みすぎて怖いくらい楽です
さすがに この姿では外には行けません。。。いつか平気になるのでしょか それも怖い




若いころは 何を着ていてもそんなに見苦しくなかったけれども
体に楽なほうを選択するか否かが 大人のお洒落の悩みどころ 踏ん張りどころなんでしょねぇ



見栄もなくなる猛暑の日々に 実感しておりまして
さて、締め付けない楽を知った私は今後どうなることやらであります(笑)。




この記事のURL | 日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
残暑の日々
2010/09/03(Fri)




梅雨明けから続く猛暑日に 食料の買出しにも躊躇しています。

クーラーの中で寝られない私は
毎晩枕を抱えて 少しでも寝やすい場所を探し家中を夢遊病のようにさまよっております。

我が家の健康優良婆も 今年の暑さには さすがに白旗をあげ
嫁はクーラーで部屋を冷やし 水分の管理に勤めておりますが
「具合が悪い」と連呼し訴えられる毎日に いささか参っております。


そんな日々も食欲だけは旺盛な我が家

今年よく作ったゴーヤのツナサラダ
レシピは クックパットを参考にしています。         


           P1050172.jpg


基本は白い綿を取り2・3ミリの厚みに切り
強めに塩もみして沸騰した湯に30秒程 冷水にとったゴーヤとさらし玉葱 
油きりした缶詰めのツナをマヨネーズであえた一品です。


時により適当に冷蔵庫にある物を加え 
ほのかな苦味にはまっています。







後は冷たいスープのバリエーション


夏の定番? ビシソワーズ

            P1050191.jpg







沢山頂いたトウモロコシを消費しようと コーン粒をそいで 
玉ネギとコンソメで煮込み あら熱をとった後 牛乳をプラスしてミキサー後 冷蔵しただけだけど
甘みがあり美味しくって感激した コーンスープ
           
          P1050197.jpg






りんご・きゅうり・大根・にんにくで 即席水キムチ

              P1050129.jpg







焼アジとキュウリ・豆腐・ゴマ で ゆるめの冷汁風 

             P1050115.jpg







茶碗蒸し 荒熱とって冷蔵庫へいれておき  
冷やっこく・ヒヤッコク 

            P1050130.jpg











113年ぶりという猛暑夏に 
連日、体調不良を迫力でアピールし続ける婆さまですが 


一番のお気に入りの汁は























クック・ドゥでつくった 熱々 豆腐チゲ 
食後 汗が噴出します。        
              P1050179.jpg














この夏 お気に入りの組み合わせ





アッツアツの豆腐チゲ と ゴーヤサラダ 

            P1050186.jpg







残暑厳しい日々ですが 「夏痩せって? 何?」とばかり元気にしています。







この記事のURL | 日々 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。