スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋色ごはん
2009/10/27(Tue)




昨日の『SMAP×SMAP』のメニューに 秋刀魚の炊き込みご飯 がありました。
素敵豪華食材番組は 松茸との炊き込みご飯で もちろん美味しいでしょうが 
思い出しました。




某ブログを訪問後 食いたい・食いたいと 即作った 

栗原はるみさんの 秋刀魚の炊き込みご飯 も素晴らしいお味です。

焼いたさんまの香ばしさと、梅干しの酸味のさっぱり感が食欲をそそるごはんメニュー。
まったく、その通り 。

       
           P1040177.jpg


主婦の特権
出来立てを アチチ~と味見したら、おもわず茶碗一杯いっき食い  。


レシピは  『栗原はるみレシピ』 さんまの炊き込みごはん で検索してくださいませ 。











やはり同じブロガーさん紹介のお店 七尾市の「はなおか」さん

目前できたて カニ釜飯ご膳ランチは 食後にコーヒー付で千円という価格
お昼の価格としてだけ考えると、安いか否かは置いておいて
内容は 千円でいいの?と 大満足ランチ です。


           P1040173.jpg


写真は一部 
写っていない右上に 「かぼちゃ団子の銀あんかけ」 ・・・・勝手に命名 ・・・が ありましてね。


字のごとく女三人、姦しく
「これ何、かぼちゃ?」
「中にひき肉団子が入っている」
「ねぇ、これなら作れるんじゃない」
「そうそう、手が掛かって ご馳走ぽっく見えるわよ」 
・・・・ 何気に失礼な会話ですが あくまでも我々が作るとのことで許しておくれ 。。。




作れるんじゃないってことで、作ってみました。
レシピは・・・・適当すぎて参考になるようには書けませんがメモ程度に書き留めます。


電子レンジで茹でたカボチャを潰して
白玉粉と だし汁を少量加えてまとめます。
一個分をラップに薄く延ばしておく

ひき肉 刻みねぎと おろし生姜 塩 を入れ捏ねてミートボールを作り。
ラップ上のカボチャにひき肉団子を包んで茶巾に 今回は直径5センチくらいの大きさ。



              P1040191.jpg




器のまま 湯を張った大鍋に入れ蒸します
その間に だし汁に しいたけ・人参入りの少し固めの銀餡を作り。

ひき肉に火が通るように蒸しあげます
カボチャ団子に銀餡をかけて 出来上がり 。



            P1040192.jpg



暖かい料理が嬉しい季節になっています。
楽しい食欲の秋です 。。。。。。 食欲は一年中か
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ご覧になりませんか♪
2009/10/26(Mon)




私が指導していただいている書の先生が 京都で書作展を開催中です。

京都駅に向かって左手 
NHK文化センター京都教室のある ルネッサンスビル一階・サテライトギャラリーにて


       

        P1040190.jpg


魅力ある作品に出会えますよ

28日PM7:00までです。
お近くの方 ご覧くださいませ ♪
この記事のURL | 日々 | ▲ top
骨董市
2009/10/25(Sun)




日帰り京都の一日

何とか空いた時間に
毎月25日開催の 北野天満宮の骨董市にくりだした。。

              
             P1040186.jpg

人・人・人・どこを歩けばいいのやら

子供たちの受験時には 神頼みしていたのに
神前の行列に腰が引け
罰当たりにもお参りを省略したからか


繰り出せた時間が2時半過ぎと 
4時に終わる市は
早い店は後片付けに入っている時間だったからか


目ぼしい物に出会えなかった。


そんな中
好みの李朝風(?)水滴や花入れが並んだ店


           P1040188.jpg


幾つか値段を確認するも
交渉するのも無理な価格を聞いたなら
笑うしかないってものだ  。

いつか、ゆっくり色んな骨董市を歩きたいと 思いを残して
今回は時間切れ。




今回のメモ ・・・・ 次回同じ状況になった時の参考に残します  。
出発A・M5:00 帰宅はPM8:30ごろ
前夜に、朝食用、豚汁・カマスの干物・えのきとピーマンのお浸し
夕食におでん・野菜煮込みハンバーグを用意 。
この記事のURL | Going out | ▲ top
三十年目
2009/10/22(Thu)




今年の10月で 結婚30年目 を迎えた。

30年 って 。。。 驚きだ。

そりゃいろいろあった 。。。 忘れていることは思い出さないほうがいいってモンだ 。。。
涙なくして語れない 
よくぞ30年 持ったものだと感慨深い。

もう此処まで来たらしょうがない 争う気力も萎えてきて
顔を見合えば 張りも艶も失せ 増えたのは皺とシミと体重
「あら、順調に成長しているやん」と 訳分からないことを言ってみる。

もう、引き取り手も いなかろうと 。。。  30年前もいなかったんだっけか
今では仲良くするほうが お互い得策かと
この数年は、お互いを気遣い・労わり合っている




           P1040130.jpg


「どうも・どうも 30年よくがんばったよね 。 またよろしくおねがいいたします。」と乾杯

日本酒とシャンパン それからビールと焼酎で それぞれグラス一杯なのに
弱くなったねぇ

さぁ、50年目もそろって迎えましょう。
この記事のURL | 日々 | ▲ top
キムチの素
2009/10/22(Thu)
我が家のキムチは
半株白菜を半日くらい 天日干し後、
塩を適量  を白菜の葉の間にもまんべんなく振り
重石をして一晩おく

出てきた水分を切り
保存袋に白菜を入れる

林檎か梨を 摺利おろしたもの と キムチの素を振りかけて 冷蔵庫で3・4日置く



で、できあがり 。。。。。 
               P1040085.jpg


ビバ!桃屋 にんにく臭も少ないw。
。。。 林檎や梨のすりおろした物を 入れるだけが 私のこだわりね。



さて、キムチとくれば

                  P1040094.jpg

豚と炒めてキムチ 。。。ご飯が進む・すすむ 。
発酵して、酸味の出たキムチだとより美味しいけど、

この、桃屋のキムチの素で作ったキムチは、時間を置いても酸味がでにくい。
ニンニク臭が少ないってことは、発酵するニンニクが少ないのかいな?

マァ、美味しいんだけどね 。。。 
この記事のURL | | ▲ top
新生児とマスク事情!
2009/10/13(Tue)




先日、親戚の子が出産したと連絡があり
可愛い赤ちゃんの顔を見に病院に出かけた。

 当然 度忘れした苗字 
受付で「旧姓は○○なんです。名前は○○ 出産日は○○で  。。。 」

と、ようやっと部屋の案内をしてもらうまでにたどり着いた。
「ありがとうございます」とエレベーターに向かおうとすると



「 あっ マスク  なさってくださいねぇ 」



マスク!あ~新型インフルエンザ予防かとは 気がついたけど
持っていないわ!

もしかしたら、以前のマスクがそのまま入っていないかと
ドラえもんのポケットのごとき、雑多な手提げ袋の中を かき回したが 残念ありません。

おたおたしていると
「今、新型インフルエンザのピーク時なのでマスクがないと産科病棟にはいけません」
「小さいお子さんは、こちら(受付)で待っていてもらっているんですよ」

と、追い討ちがかかった。


なら、使い捨てのマスクくらい用意してくれてもいいのでは?と思いつつ
「こちらに、マスクありません(売っていません)?」と聞く

はかばかしい返事はもらえなかった。
「ナースセンターで聞きますね」と 
とりあえずエレベーターに乗りナースセンターへ行き、尋ねると

「ご協力くださいね」と看護士さん 、使い捨てマスクを5枚100円で購入
無事、あかちゃんとそのお母さんに会えました。


予防接種の優先順位が高い 子育て母と新生児
かたや私、希望しても接種は無理のゾーンです。


来春まで?マスク着用の大人としか会わない新生児
変な刷り込みにならないのかと心配する私は変ですか

そう、ウイルスのほうが怖いよね。
マスクするわよ~。

どうぞ、出産見舞いに行かれる時は マスク持参をお勧めいたします。







この記事のURL | 日々 | ▲ top
千枚田
2009/10/11(Sun)




台風一過というのか、すばらしい秋晴れに誘われて

昨日から来ている長男夫婦と
輪島の朝市を回り、千枚田に出かけてきた。


海は空を映し 北陸の青い海も穏やかで
水平線には七つ島も見えている。


  
      画像 011


能登に嫁いで30年
輪島までは何度も行っているのに 初めて訪れた千枚田  。

道路は良く、輪島から車で10分ほど
思った以上に観光客は多く 車とバスで混雑していた
子の車ともども路肩に駐車 。

行楽地=お弁当 
。。。。。 外食に気が向かないこのごろなので。

朝、適当に作ったサンドイッチを持参したが
人が多く、弁当を広げる雰囲気ではなかった 



稲刈りも終わり
稲の無い、棚田が海に向かって広がっている
一列の稲を植える小さな箇所もあり


観光用に歩きやすくなっているが
海に受かって下りていくと 転げ落ちそうな急勾配に足が止まってしまう。



区画整理された水田を見慣れているのに
稲の天干しや 泥の畝や不ぞろいの水田に
驚くほど懐かしさを感じる。


                 画像 012


中学生の私は田舎の町育ちで 農家ではないが
近道に、田んぼの畝沿いに歩いて登校していた。

音楽室の窓からみえた水田
田植えから始まる稲作風景
風に泳ぐ稲が 青々としたビロードのように揺れるさま
穂が実り始める頃は、稲穂が日に照らされて黄金に輝く絨毯に見えた
その上で昼寝をしたら どんなに気持ちがいいかと思ったものだ。


私の原風景は、成せるがままの畝を持つ水田なのか 。。。平野だけどね。
こんなことに、千枚田で気がつくと思わなかった。


今日は素晴らしく穏やかな日だけど

日本海の波と風を受けての棚田は
季節ごとに 違った風景がみれるのだろうな。


この記事のURL | Going out | ▲ top
10月・石化柳
2009/10/10(Sat)
花材は 石化柳・ダリア・ゴットセフィアナ
立てる形


          P1040060.jpg


深い色の大輪のダリアの色に合わせて、吾亦紅を足してみました。
動きが出て 面白いと思います。



最初生け終わって 収まりが悪くしまりのない姿になった

剣山を 向かって縦長に使うように、再々度注意をうけ
花の向きが同じにならないようにとも


何か変な時には 基本を忘れていることが多々あります。
注意・注意 



大輪のダリアは傷みやすく
後日、

      P1040105.jpg


菊に変えて 玄関に置いてみた。

この記事のURL | 生け花 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。