スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
時々
2009/05/30(Sat)




食事の支度をしていると、時々遊びたくなります。


             P1030586.jpg


タコとタマネギ・トマト 普通の カルパッチョ
スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
花・はな
2009/05/29(Fri)




十年程前に園芸店で購し、しばらく鉢を替えながら育てていたクレマチス
数年前に鉢から庭土に降すや、すばらしい勢で生育してきた
鉢で育てていたときより、花の大きさも一回りは大きくなった


            P1030531.jpg


冬にする、私の適当な剪定に偏りがあるのか 
このクレマチスちゃん、昨年から花が一斉に咲く ・・・ どうして?





さて、やはり同じ時期に鉢から庭に植え替えた薔薇
此方も、より素晴らしい勢いで年々枝葉を広げている。


                P1030606.jpg



一つの苗とは思えない程、広範囲(我が家なりにね)に蔓を広げ
ご近所も楽しんでくれている。
今年は一段と、花つきも良いようだ

狭い庭に出ても、家の中から眺めても
「うふん♪」と悦に入っていた。



でもね、花は 散る

花弁がハラハラと 舞い散る

花弁が大きく・薔薇なんぞ花弁の数が多い ・・・・ 花数も多い
そう、沢山の花びらが ご近所を舞う 舞う
あらら~。


なので、事前に後、一・二日で散りそうな花を摘む 花摘みおばさん 
クレマチスはともかく
美しい薔薇には立派な棘があり 痛とうおす 。






開花は「もう少しよ♪」と 
待機している蕾が鈴なり夏椿さん


             P1030534.jpg


一日花が ポトンと落下するあなたは 
でも、もう少し手が空いてからにしてくだい。


と、なんだかんだ言っても 毎年季節ごとに楽しんでいる  。

この記事のURL | ガーデン | ▲ top
書作展
2009/05/18(Mon)




4日間開催していた
書作展が無事終了しました。
足を運んでくださった皆様 ありがとうございます。。


          P1030523.jpg


搬入時に、他の方の作品を見るのが毎年楽しみです。
軸装をはじめ表装もしかり、
作者の雰囲気と似ているものも多く 面白いものです。


なのに、自分のこととなると、
半泣きで仕上げる作品を出品するのは ただただ恥ずかしく

昨年より少しは進歩しているよ、ヒトとの比較じゃないんだから ・・・と
毎年 子供のように念じています 




ふんわりと・ゆったりと和める作品を目指しているのです
念じれば叶うと言いますもの

待っていてください 。。。。。 








この記事のURL | | ▲ top
ビバ!図書館
2009/05/16(Sat)




「ダ・ヴィンチ・コード」の続編が映画化された。
「本でも読んでから映画を観ないと、訳分からんやろなぁ」と呟いた夫。

今までも、映画観賞後感想を話し合っていると 目から鱗の表情があり
「えっ、今わかったん!」と笑ったこと数回

なので、優しい妻の私が図書館から借りてきましょうと
リクエスト・カードを提出したらば
「予約の人数が多いので、お時間かかります。」とのことだった。

文庫本も出版しているので
買おうかなぁ、文庫は3冊だしなぁ、買っても一度読むだけだろうなぁ・・・・ぐずぐずと思っていたころ

「届きました」と図書館から電話があった 


                 P1030512.jpg

意外と早く、一週間で手元に来た。
借り出しが少ない別の図書館から廻してもらったとか。

「延滞しないように読まなくちゃ」と言ったらば
「えっ!俺が読むんか?」
「えっ!当然やろ、ダ・ヴィンチ・コードもよんでたやろ・・・・ 私は怖そうなミステリーは夜トイレにいけんから・・・」

あほなことを言い合っている。
この記事のURL | 日々 | ▲ top
グラン・トリノ
2009/05/12(Tue)




昼前に ふっと時間が空いたので
クリント・イーストウッドが主演・監督の グラン・トリノ を観てきました。



もちろん50歳以上夫婦割引を利用して一人1000円なり
館内はほぼ貸しきり状態

感想は 上質な映画です 


ロー・ハイ♪ロー・ハイ♪の「ローハイド」( かすか~な記憶 )や
マカロニ・ウエスタンの「夕陽のガンマン」のころから観ているが、
「マディソン郡の橋」では何か恥ずかしくって(?)好きじゃなかったイーストウッド

ウエスタンもちらりと感じながら 少し可愛く、少し悲しく切ない
芯のある頑固一徹の 恐るべし老父親
この映画のイーストウッドが好きです。。。。私がシニア世代になったからそう思うのかもしれません。


説明や回想シーンじゃなく、
さりげない会話や場面で、過去や人柄を語る巧さ

懐深きアメリカの良さも悪さも 
社会が抱える多種の問題も描きながら
それでも思ったほど重くなく 洒落た笑いもある、後味のいい映画でした。



どうしてアカデミー賞にノミネートもされなかったのか 不思議です。
興味のある方 どうぞご覧になってくださいお勧めいたします。。。 










この記事のURL | 映画 | ▲ top
母の針箱
2009/05/10(Sun)




戦後、物資のないころの母の婚礼道具の一つ


           P1030483.jpg


箪笥の上が定位置だった。
赤い塗りの色が好きで
箪笥の引き出しを引っ張り出して台にして
針箱を下ろしては おままごとの道具にして遊んだ思い出の品。

数年前に両親の家を片付けた時 抱えて持ち帰った。
「私は元気です 」 と話しかける。




一日中、用事でくるくる動いた今日、
まだ、思考が正常な明るい時間には
母より年上の方たちに「ゆきやなぎさんは、幾つやね?若いわいね。」と話しかけられ

「若くはないけど、皆さんよりはそりゃ若い」 とは さすがに口に出さず(笑)
「いえいえ♪」 と笑って  働かされ  動いていた  。


一日も最後のほうは思考がとっ散らかり
動きも途中で違うことをしていたw。。。。あかんなぁ 気ぃつけよ。



母の日の今日
夫の母には晩酌用に 大好きな日本酒(悩んだすえ、これが一番だと確信)を贈り

出先から途中帰宅して用意した夕食は またまた好物のエビチリ(爆)
美味しかったようですw。


「何はともあれ、今年の母の日も無事終わりました 」
と、何とはなしに針箱に報告している(笑) 合掌 。





この記事のURL | 日々 | ▲ top
祭りの後
2009/05/05(Tue)




モッコウバラも咲き始めた
大型連休の後半

子供たちが全員顔を揃えた♪
それぞれの形で地元の祭りを楽しみ

年に数回顔をあわせるだけになった彼らが、仲良く語り合っている姿に
・・・それがゲームの攻略法でも・・・
おっかさんは、ほのぼのと嬉しくなった。



            P1030474.jpg



お嫁ちゃんが持ってきた,ポテトとひき肉のグラタンやトマトスープも美味しく
子達の顔がそろったテーブルで、ほろほろと酔う

花火の夜は、お約束のバーベキュ & アルコール・アルコール・酒・さけ・サケ




           P1030472.jpg





大急ぎで作った、ぶっかけソーメンのお昼を食べてUターンして行った子達
着いたと連絡のない子が一人 。。。 連絡しなさい 。。。。


通常の夕食の支度が、あっけにとられるくらい楽に思えた私  。
家族が揃う事が非日常になったんだ。。。。。


寂しいけど  (笑)


日常が戻ったなと、たたんだシーツの山を見る夜。
この記事のURL | 日々 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。