スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
歌碑拓本採り
2009/04/29(Wed)
清々しい天気の今日、
書道研究会の研修で
金沢市の犀川河畔にある、室生犀星の歌碑拓本採りに行ってきた。



      P1030459.jpg


石碑を洗い、紙をあて、濡らした布で紙に空気が入らないように石碑の文字を拾っていく。
次に紙を乾かし、墨を含ませた”たんぽん”で叩くと彫られた文字が浮き立ってくる。

濡れた紙は伸び、乾かすと縮む
石碑の材質でも
墨の載せかたでも、拓本の雰囲気が違ってくるようだ。
文字にあわせ、やさしく叩く。

作業行程の加減がなかなか難しい
何枚か試行錯誤し、満足のいける拓本が採れた。

観光ルートにある石碑だけに
作業中にも観光客が訪れ、
石碑を写す時には雑多な物が写りこまないように片付け中断する(笑)。


昨年は奈良の東大寺にある、大きな會津八一碑を採りに行っている。
その後、横に石碑の説明の看板ができたようだ(笑)。

私は拓本採りは初参加なので
経験を重ねたメンバーの、慣れた手際のよさに、ただ感心していた。

近くにあった、ホトトギス派の虚子の歌碑
「北国の 時雨日和や それが好き  虚子」
詠むまれた句より文字が好み(笑)

               P1030460.jpg

此方は彫りが深いから、すぐ良い拓本が採れたので                           
後から,何人かのメンバーと気楽に拓本採りに挑戦してみた。
なかなかの出来だと言い合っている(爆)。


拓本採り後、訪れた室生犀星会館で見た 犀星の原稿用紙には
石碑と同じ ほっこりと可愛く見える文字が並んでいた。

実は金沢の文豪として名前と作品名は知っていても
一冊も読んだことがなかった犀星作品

犀星イコール拓本採りの記憶になりそうな私

記念館で犀星の影のある生い立ちや生涯の記録を見てきたからには
これを機会に読んでみよう。

スポンサーサイト
この記事のURL | | ▲ top
日々
2009/04/26(Sun)




            
電話でだが、学生時代を共に過ごした友人たちと話すことがあった。
もう十数年も・・・二十年にもなるのだろうか・・・それほど逢っていないのに
話し始めるとすぐに、昨日も会っていたかのように会話が始まる。

友人に対してはもちろん、ともに過ごした時への懐かしさで
気持ちが浮き立ち、話すごとに記憶がよみがえり
大笑いし、近況を報告しあい、今度みんなで集まって会いましょうよ
と、電話を切る。



               P1030411.jpg



月日は当然それぞれの生きかたをかえていき
着実にキャリヤを重ねている旧友人に対して

日々が緩んだ生活のような気がしてしまって、凹む自分に驚く

こんな感情は、よくある話じゃないか
映画や小説によくあるあれだよ
「青い鳥は手の中にあるという結末よん」
と、言い聞かせてみるが

あらん、凹みが直らない  。。。こんな気持ちになお凹む (笑)



今の私の対処法はこれだなと
日々の生活を、丁寧にしてみた。


普通に一つ一つの積み重ね
そんなひと場面

お揚げさんたっぶりで筍を炊いて
たけのご飯
              P1030449.jpg


鮭のカリカリムニエルと春野菜・ボリュームが足りないかなと、竹輪としし唐の天婦羅 ・山芋の梅肉あえ・汁物は豆腐とほうれん草の味噌汁

              P1030444.jpg

              





筍に反応すると思ったのに

「おっ!竹輪のてんぷら」・・・そこですか(爆)

と喜ぶ一言が 青い鳥


緊張も味付けなことは心に留めて
今は、こんな日々の繰り返し 。。。。


            
             


この記事のURL | 日々 | ▲ top
山笑う
2009/04/23(Thu)




花散らしの雨は、緑を育てるようで
一雨ごとに庭木が育っているのが実感できる

某通販誌ではないが、

まさしく 山笑う とき


山が笑うと
山菜も育つ(笑) いや、育つから笑うんだw。

近頃は、山菜採りもなかなか困難で 
以前ほど料理することもなくなった、頂きものが舞い込むととても嬉しい

ワラビを油揚げと炊き込んだ今日のおばんざい
             P1030423.jpg



さて、話は変わり
山笑う季節は人も変調か・・・・


テレビはあまり見ないけど、それでもワンワン飛び込んできたニュース
酒で自分を見失ったトップアイドルくん 


確かに、 場所と 事は良くない、良くないけど ・・・・ 。

先の某大臣はどうなんだい、
空港で係りにトレイを投げつけたという酔っ払い官僚の時はどうだったんだ。
もっとひどい酔っ払いはたくさんいる
と振り返り

今回は、たいほ??? かたくそうさ???
閣僚の発言も??? 


甘いのかもしれないが
 代償は大変なことだろうし 
それにしても「これはちょっと気の毒だなぁ」と思ったw 。。。





学生のころ、飲酒後 朝になって目が覚めたら
ベンチで寝ていたことがあるという、アルコール好きの子には
「 酒は ほどほどにしまっし 」とはよく言っておこう。
この記事のURL | 日々 | ▲ top
やわらぎ
2009/04/13(Mon)




6時のチャイムが聞こえます。
まだまだ明るくて 優しい色の夕暮れ

日が長くなりました。



           P1030412.jpg


こんな空は 母を思い出します。

今日一日に感謝です。
この記事のURL | 日々 | ▲ top
習い事
2009/04/12(Sun)




風に舞う 桜の花片
家の周りの 桜も咲き誇っている

本当に日本の春は美しい  



初夏かと思う日差しのなか ”残念でした~”と復活した花粉症

周囲に人がいるからと、でかかった”くしゃみ”を堪えたら 
かえって「はっ!ぶしゅううぅん !」とお騒がせしてしまっている 





この週末は、花展のお手伝い


          P1030405.jpg


「ただ、お喋りだけじゃぁね」と
長年生け花に取り組んでいる友人に習い始めたのがきっかけで 数年が過ぎた。

お陰で、家の中では
季節や行事にと 充分に楽しめるようになってきた。


今回の花展は、書とお茶との合同展 。
百点近く展示された中 大作で出展の友人  拍手だ。

花材は 木蓮・レンギョウ・エケベリア・デンファレ・アスパラ・きじの羽

木蓮が傷んできた最終日は 
開場前に 大急ぎで

木蓮を錦木に、羽は孔雀にデンファレ・アスパラを増やしてと 
スリル満点で総生け替え
また違った華やかさの作品に仕上がった。

種々の作品展は
見知った人の作品を通して 出展者の大胆さや繊細さ・優しさ芯の強さなど
思いがけない面を垣間見ることもあって楽しい。

何かを造り上げる緊張した空気は、時に心地よく好きな場の一つだ。
艶やかで美しい花展の裏方は 慌しく繊細だった。





子供のころから、幾つかの習い事をしてきた私 
毎回それなりに楽しでいるが、免許皆伝レベルのものは皆無。



今 シニア世代になっても同様で
諸事のことも重なって
そんな域を出ていない 。。 でようとしないが 。 
もっとも、適当に関わるという訳ではない
努力もするし 悩みもする
そのうえで、人との出会いや知らなかった知識・物事を楽しんでいる。

深い醍醐味を得ることはないだろうと承知の上で
私の様なかかわり方もあると思う。



才能のなさの言い訳かとも考えてみる( が
求めるものも事情も、人それぞれ  。。。 。


この記事のURL | 日々 | ▲ top
祝い菓子
2009/04/08(Wed)




同世代の友人たちとは、家族のイベント(笑)も時期が重なる。

そんな時 「どんな手土産を用意したらいいのか悩むよね」 と話す時がある。



ある時 祝い事(婚礼がらみ)のときの菓子は

「 角のない 丸い形で一種類 なのだそうだ 」と言う友人がいた。

ふぅ~んそうなのか
知らないことばかりだw
事が丸く収まり、穏やかにということかなと納得できた。


納得はできたが 食いしん坊の私は頭の片隅で

じゃ 昔からの紅白饅頭になるじゃない、饅頭ばかり沢山あってもなぁ
いただく時は 多種の菓子のほうが楽しいのになぁ とも思っていた(笑)。









そんな時 絶妙のタイミングで頂いたお祝い返しは


                P1030394.jpg



食紅と金粉がポチッとなった紅白と
丹頂鶴に見立てた栗饅頭が沢山の詰め合わせ 。。。。 まさしく、丸くて一種類


桜色の箱を開けると、
鶴の懐紙に 稲穂と金銀の水引きを結んだ ご縁 五円 

あら お洒落 
古典的といえばそうだけど これだ!と思った瞬間だw 。





不思議なのは どうして最近このバージョンに縁がなかったのか
皆さんも 多種類のほうが楽しいと思ったのか
それとも、饅頭に飽きて多彩な菓子から選ぶようになったのか 
  婚礼自体も減ったかな  。

へぇ~ 久しぶりだと新鮮だ  。
けど、手土産もこれでいいの ?
この記事のURL | | ▲ top
干してます。
2009/04/07(Tue)




さすがに3月からこの時期は、何かと忙しく落ち着かない日々が続いていた。


ようやく私の花粉症も終盤になり、気温も春らしくなって
ハタハタなんぞを、ポチポチと干している


              P1030315.jpg



  

寒さに固まっていた蕾もほころび始め、
週末は桜色に染まりそうだ。


山や田園風景のキャンバスには、桜色がホワァ~と刷かれ 
日本の春は美しいなぁ と毎年思う 。。。。。 もっとも、他の国を知っている訳ではない 。


雑多なことが一段落した今日

この時期に、ほどほどに脂の乗った北海道産の生秋刀魚 。。。。 流行の産地偽造じゃないよね。
格安の秋刀魚をみつけた。

迷いながら20尾購入千円なり




ひらいた秋刀魚を、醤油、砂糖 味醂の液に2・3時間漬け込んで

                      P1030332.jpg




干していると
あたりには芳しい香りが漂っていた。


             P1030349.jpg






秋刀魚と一緒に 初の季節もの「 白えび 」も買ってきた。
アスパラガスに添えて、
今朝はなまるマーケットで見た「 黄身酢あえ 」をつくって夕食に


            P1030359.jpg

            
黄身酢が、固まりすぎてメレンゲのよう  。
まぁ、春らしくっていいか 。。。



秋刀魚の味醂干しは 夕食の蛋白源にと早速焼いて


      P1030379.jpg



一口食べたらば うぅぅぅぅ 
薄味の我が家には、味が濃い 。。。 
まさか塩と砂糖を間違えたか!と 凹んでいたら

肉体労働の夫はともかく
畑に忙しい年寄りにも丁度いい加減らしい 。。。。


干からびそうなのは私だけなのかと 。。。。 笑えた。
この記事のURL | | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。