スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
春休み中
2009/02/25(Wed)




 えっらそうに 「ちょっとだけよ」
と、帰省中の末っ子

仲良しさんは、バイトで帰ってこないから
することないんだって

「戻って、せなあかんこと いっぱいあるんやけど ・・・ 」
という末っ子

が、おっかさんは、
家庭教師のバイト日を変更させてまで、引き止めている 




           P1030111.jpg





アトピーっ子は、どんな生活をしているのか、肌の状態がよくない

夫など、近くの温泉は肌にいいからと
子を連れて、毎日のように温泉通い


母ちゃんは
餅好きの子の為に、持って行くことができるよう餅をつき
とりあえず冷凍してある。

で、毎日のように「今日、なに食べたい?」
と、夫じゃなく子に聞いている。


。。。。。。。まぁ 。。。。。。。  。。。。。。 ね 。。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日々 | ▲ top
二代目
2009/02/24(Tue)




本体の修復困難で開いた、”かまどさん”の長谷園HPでは
パーツ販売もしていた 


外蓋と内蓋は充分使用可能なので
本体のみを申し込んだ
全て買い換える半値以下で購入できる。



                 P1030099.jpg



到着しました 。

届いたのは・・・・
本体と外蓋    


「お使いください」とのこと
あな、うれしや 


家族が集合時は、一升炊きの電気炊飯器が登板するが

少人数世帯には 土鍋炊きが合っている 
二代目のかまどさん
稼動し始めました。




この記事のURL | 日々 | ▲ top
かまどさん
2009/02/17(Tue)




時間調整で入ったデパートは たまたま割り引きデー
台所用品売り場で1割か2割引き(笑)だった 伊賀焼きの炊飯土鍋 かまどさん

ネットでは 米がおまけに付いていても、決して割引しているところはなかった。
欲しかった品物が、割引対象商品になっていた  

3合炊きを即購入 
後の用事は 重い々荷物を持ち歩いた(懐)。

以来3年と数ヶ月
毎日のように朝晩と使ってきた。


           P1030064.jpg



途中、内蓋の取っ手が剥がれ
長谷製陶園さんに問い合わせたところ

より丈夫に改良した 取っ手の内蓋と無料で取り替えてくれたということもあった。


ふっくらと美味しいご飯が炊けたし
炊飯器使用時と比較して 電気代も明らかに下がったw

途中火力の調整も不要
炊飯器だと40分程かかったが、
かまどさんは おおよそ20分で炊き上がるのが嬉しい


乱暴に扱った覚えもないけれど ・・・ 特に大事に扱ったおぼえもない ・・・ 。

とうとう、ひびが入ってしまい
おかゆさんを炊いて ヒビ埋め療法でも修復不能  。


よく・よく 見れば、満身創痍

3年と数ヶ月 ・・・・・ 4年近く ほぼ毎日 朝晩2回・・・・ 。
どうも、お世話になりました  。



この記事のURL | 日々 | ▲ top
2月の生け花
2009/02/14(Sat)

桃の花は、魔よけのはなだそうです。
子の成長を祈る花なのでしょうか 。

               

                P1030045.jpg


花材は 桃・水仙・ストック
この記事のURL | 生け花 | ▲ top
春一番?
2009/02/13(Fri)
地震か低周波のような衝撃が、ばんっ!・・・・



「えっ!春一番?」 
「今日 ふくって言ってたよね」
「なんか、すごくない?」

ところが
正体は音速を超えたジェット機の衝撃波だったそうナ。


               
     
       P1030038.jpg





夜半吹き荒れて 外回りのスリッパなどを飛ばした風が 
春一番かいな  。。。。 

この記事のURL | 日々 | ▲ top
ポットラック ランチ
2009/02/12(Thu)

日々の繰り返しにこんな日もほしくなる。

料理を持ち寄る お気楽ポットラックランチ
なんといっても、品数か多く
同じ料理でも、作り手によって違いが楽しめる♪


   P1020997.jpg


今回のメニューは
プロの料理人のような娘ちゃんの 「私だって助手はしたんだから」 という母が持ってきた

濃厚牡蠣ジュースのグラタンや
スモークサーモンで作った赤いムースと
ガーリックの効いた材料不明(母??笑)の白いムースのカナッペ
蜂蜜シロップのプチトマト
            

            P1020992.jpg


今朝摘んできたという ”ふきのとう” の天婦羅
ホタテの天婦羅、
畑の野菜満載掻揚げも。

そして巻き寿司・・・・巻き寿司ができない私は大喜び
  

  P1030001.jpg P1030003.jpg P1030013.jpg
 
人参のサンドイッチ
ポーチドエッグといろいろお豆さんのコンソメスープ
春色サラダ




デザートもプロの味
また、また「私も粉はふるったのよ」と言っていた母(笑)

かの辻口さんの生クリームを使用した もっちり米粉のフルーツ・ロールケーキ
焼きりんご添え

               P1030016.jpg


デジカメなんて、そっち退け・あっち退け
画像がない料理が惜しいなぁ

「もう、コーヒーもはいらない~」ってくらいで ♪ ♪   
こうやって ・ また・・・きっと・・・丸くなるんだな


余分に作ってくれた、白ワインたっぷりの 牡蠣グラタンは、
我が家の夕食の一品になりました(嬉)。


     P1030020.jpg


謝・謝


   
この記事のURL | | ▲ top
焼きりんご
2009/02/06(Fri)
冬は煮込み料理が多くなる。
今朝、昨日の残りのポトフに辛口ウjンナーを投入した。。。。夫・大喜び



     P1020942.jpg



よしよし。。。
ならば夕食は
残り少なくなったポトフを使って数日まえに見た、はなまるマーケットのレシピで
クラムチャウダーを作って喜んでもらおうじゃないの

と、残りのポトフの具を小さくしてアサリを投入、
牛乳に小麦粉をといて煮込み・・・・風味付けのバターは・・・「高カロリーやん」と迷ってやめた・・・。


         
           P1020954.jpg


大失敗、中途半端な味になりまして・・・・はい、不評・・・・。
省いちゃいけないものもある。


と、学習したから
どうしても食べたくなって作った焼きりんご

           P1020981.jpg

りんごに、バターとグラニュー糖(控えめにはしたけれど・・・)忘れず投入して作り
一等好きな食べ方のアイスクリーム添えて、食べ終わってから。


これはアイスクリームも添えることだし、バターも砂糖もなくても 
其れなりの味になるのではと思った。。。ううぅぅカロリ-過剰

泣くくらいなら、焼きりんごを我慢すればいいのにと人事のように思うけど。。。。
明日は、バターと砂糖なしで作ってみよう(笑)

立春も過ぎたけど、寒い時期は熱々の焼きりんごも似合うと思う。
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
如月そして衣更着
2009/02/03(Tue)

雪消月・梅見月・初花月などなど、二月の呼び名?だそうです。
どれも納得・理屈なぁですw。


        P1020945.jpg

我が家の二月は なんといっても節分でした。
毎年子供たちがしていた、「鬼は外♪福は内♪」
今年の豆まきは誰がするんだ?


歳の数だけの豆・・・・年寄りは多すぎて危なくないかい・・・さて・さてどうなることでしょう。
この記事のURL | 日々 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。