スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
天高く
2008/08/31(Sun)
部屋に差し込む日差しが長くなってきた。
夜は、虫の鳴き声もにぎやかで、秋はそこまでやってきている。



                    


静かな8月31日 
「宿題は!明日の用意は!だから言てたのに!」と わめくこともないんだろうなぁ 

私の夏も終わりか  。。。。。。

















「バイトだ」と、戻っていった我が家のハリー
「米がない・自転車の鍵を、アイポットの ・・・・忘れた、あたらこたら  ・・・・。」   
と、言ってきた。



ダンボール箱を用意して、
米の他に 食品庫を探して駄菓子や缶詰類を入れたけど
どうしても埋まらない隙間が残った



                       
 
   

トイレットペーパーを2個ばかり入れておいた。
入れていたら、 あららら・・・ら
彼の弁当の隙間埋めに、こんにゃくゼリーを入れてたことを 思い出してしまった。

同じことをしていると、笑えるはずなのに・・・・・妙に寂しい
あ~、秋だわ~。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日々 | ▲ top
負けないわ
2008/08/28(Thu)
真夏日も 「汗を流したほうが、体調がいいから」と、
夫とバトルしながら   極力クーラーなしで過ごした私も、
この何日かの湿気には、いささか参り気味。

こんな日だから、しっかり食べます。



                      
                      疲労回復に、豚肉♪


                       
                      翌日、夫熱烈リクエスト 「うなぎ」 


                                                           
                       P1020290.jpg
                        「はちめ」が、お買い得! 脂は乗っていなかった


 
                       P1020297.jpg
                        フライが食べたい!とご要望
この記事のURL | | ▲ top
北京オリンピック
2008/08/25(Mon)
始まるまでは、
チベット暴動や厳戒態勢の聖火リレー、日本で放送されない暴動、公害など、など・・・で
少しさめてみていた北京オリンピックだったけど


圧巻 膨大なやり過ぎ建設費 の開会式には、目を惹きつけられた。

なのに、歌唱祖国を歌った9歳いの少女が身代わりだなんて
トリノ冬季オリンピックで、テノール歌手故パパロッティ氏も口パクだったけど 
でも、彼は本人の声。

今回は7歳の別の子の歌声だとは・・・・。
足跡花火も CGだって知った時は ・・・「やはり」 とオリンピック自体に失望しそうになった。
                


しっかし競技が始まれば 各国の真剣な選手の目に惹きつけられる。

北島康介が勝利の 雄叫び 歓声を上げている姿を見た時はもらい泣きした。
モチベーションを回復し 維持できる頑強さに敬服。

全てが終わったあとの北島は、競技前とは別人に見える(笑)

男子体操、飛び跳ねている19才内村航平の笑い顔 



体操の中国女子で、個人平均台”金”確実と思われていた子が落下のミス ・・・・ 「ぎゃ~」と私。
それでも、他国の選手の演技を称えていた15歳の少女  
目をいっぱい見開いて、震えそうに涙をこらえていた・・・・・・・・私のほうが泣いてしまった。

そんな選手の側にずっと、ずっと付き添って、話しかけていた同じチームの年上だろう選手 
・・・彼女もおそらくまだ10代。



他国の、このおばさんは、すぐ、愚痴る自分が恥ずかしく思ったよ
陳腐だけど、あなた方に勇気と感動をもらっている ありがとう。



今まで、興味がなかったソフトボールは
女学生のような選手たちの、ひしひし伝わる一生懸命さにただただ目が離せなかった。


ボルトの走りは何度見ても飽きない、
なんだってあんなに遊ぶんだ~真剣な記録を見たいじゃないか~。

イシンバエワの歓喜の おたけびの瞬間も見惚れた。 腹筋にもね。
性格は素直そうだし、叫んでいるアップの映像まで美しいのねぇ。




何をおいても見てしまうシンクロと新体操は、
もう運動の域を超えている芸術そのものだよね。

見るたび高度になる技術はもちろん個々の選手の美しさに魅せられる ・・・・・ 全身傷だらけなのに・・・・
とても同じ 人科 と思えない


シンクロを見ている時、つい足を上げて真似したら 

「 短っ!」 と家族に言われたw。

おまけに、足がつった  。





              



興味のある競技に偏りはあったけど、メダルの重みを思うことはできる。
私なりに熱かったオリンピックに乾杯。


この記事のURL | 日々 | CM(2) | ▲ top
遠位型ミオパチー
2008/08/20(Wed)
ネットウエーブをしていると、自分の稚拙さと、無知に身がすくむことがよくあります。

今日、「遠位型ミオパチー」という病のことを知りました。

国の特定疾患の認定を受けるべく
ネット署名活動をなさっています。

私のブログに転載して、
どれだけの成果があるのかとためらいもありましたが,

ほんのわずかでも協力できたらと思い、
署名後、持ち帰りました。
どうか、一読して下さいませ。


下記転載文章です。






「遠位型ミオパチー」



という難病をご存知ですか?




昨夜、放送された 『 ニュース23 』 の特集で放映され



自分もはじめて、その不治の病を知りました。




20~30歳代にかけて発症するといわれている



遠位型ミオパチー。





これは、からだの筋力が低下する筋疾患です。



最初は手足の先から筋力が衰えていき



やがて握力が低下し歩行も困難になる。



病気の進行につれて車椅子の生活、



そして、寝たきりの生活を余儀なくされるそうです。





遠位型ミオパチー患者は



100万人に1人がなるといわれる希少疾患。



診断できる医師も限られているため



確かな発症原因も未だ不明で



治療方法も確立していません。



患者の方々は、



病気の進行をとめることもできず



なすすべがない状態です。





しかし、これまで治療方法が不明だった



遠位型ミオパチーに一筋の光が射し込みました。



効果が期待できる物質が発見されたそうです。





とはいえ、簡単に喜ぶことはできません。





我が国における遠位型ミオパチー患者の



推定人数は、わずかに200~300名。


この人数も、あくまで推定で



正確な人数を把握することすらできない医療現状です。



光明が射したとはいえ、研究費には莫大な費用もかかります。





しかし、この病気に対処できる医師が限られているうえに



国の特定疾患 ( 難病指定 ) に指定されていないため



費用を捻出できず研究も進まずにいるのです。





そこで、国の特定疾患の認定を受けるべく



患者代表の中岡 亜紀さんが中心となり



2008年4月1日に



『 遠位型ミオパチー患者会 』 が発足しました。





昨夜、ニュース23に出演されていたのが



代表の中岡 亜紀さんです。



彼女は現在、足の筋力がなく、歩くことが全くできません。



握力もほとんどなく、食事を摂ることすら苦労されていました。



年齢はわずかに30歳過ぎ。



先述したように、遠位型ミオパチーの初期の発症は



20~30歳代。



中岡さんの場合は25歳くらいだったそうです。





25歳といえば



希望に満ち溢れ、ようやく憧れの仕事に就く頃。



そんな矢先に襲ってきた不治の病。



自分に置き換えてみると、いたたまれない気持ちになります。





現在、『 遠位型ミオパチー患者会 』 では



国の特定疾患の認定をうけるべく



各地で署名活動をされています。





1日でも早く



国の認定を受けるためには



ひとりでも多くの方の署名が必要です。





この署名、ホームページからも署名することができます。





微力な自分には



具体的に何かをするなんてことはできません。



名前を書くことで、ほんのわずかでも



お力になれればと思い



番組終了後、ホームページで署名させていただきました。





これを読まれた方のなかに



善意で署名に協力しようと思われる方がいらしたら



下記アドレスから



『 遠位型ミオパチー患者会 』 のホームページに行き



どうか、ネット署名にご協力ください。




●トップページ左上の 『 ご協力のお願い 』 をクリック



● 『 ご協力のお願い 』 ページ下にある

『 オンライン署名 』 をクリックして名前を記入する。



これだけです。





このホームページで 『 遠位型ミオパチー患者 』 の



詳しい病状や厳しい医療現状を知ることができます。





また、『 遠位型ミオパチー患者会 』 のブログもあり



アメーバブログで運営されています。





ブログを読まれてから署名される場合は



左カラムにある 『 署名活動 』 をクリックしていただくと



『 遠位型ミオパチー患者会 』 のホームページにいき



署名することができます。



署名の手順は上記と同じです。


                           P・Cの操作も、いまだ おぼつか無く
                           クイックをしてホームページに飛ぶ設定をできません
                           アドレスをコピーをして、入ってくださればと思います。
                                                
                                                  ゆきやなぎ


● 『 遠位型ミオパチー患者会 』


http://enigata.com/


● 『 遠位型ミオパチー患者会ブログ 』


http://ameblo.jp/dmio-kanjyakai





よろしければ、どうか、ご協力お願いいたします。



また、この記事は、ご自由にご自分のブログに転載ください。



上記、転載記事です。
共感していただけたら、どうぞ署名、転載をお願いたします。
この記事のURL | 日々 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
白梅干
2008/08/12(Tue)
梅雨明け間際に、つけた梅干。
結婚式や、なんやかんやで赤紫蘇に漬けそびれてしまった

まぁ、白梅干しというのもあるからと、そのまま天日干し

完熟梅だったから、柔らか~。
色は当然だけど、熟した梅色・・・・黄色(?)・・・・まぁしょうがない。



P1020275.jpg



と思っていたら、
1日・2日と 、赤く色付いてきた
4日干した後は、梅干色 、赤くなるんだ ♪

摘まんでみたら、味はまだ浅いけど美味しい !
いいじゃない、こんなのも。

白梅酢を少しとりわけ、干した梅は瓶にもどしてっと。
旨味が増すのが待ちどうしい。

この記事のURL | | ▲ top
可愛い子には旅をさせろ!
2008/08/09(Sat)
我が家の、欠食学生 。                  




                      P1020276.jpg



以前だったら、ブーたれていた
暑さで手抜きの、こ~んな地味な 食卓にも感激していた。


そういえば、上の子たちは家の冷蔵庫を空けるたび、
「いっぱいや!すげ~ いっぱい入ってる!」と叫んでたなぁ・・・・・・視点が同じ子供たち ・・・・・

仕送りすくなかったかい?  フッ フッ フ 母のありがたみが分かっただろう  
この記事のURL | | ▲ top
便利だ!
2008/08/08(Fri)
「冷蔵庫が、空っぽやで帰るわ」と
ハリーポッタと共に、末の子が帰ってきた。




                      




これが、ごみ捨てにいってくれる。
締め切りが迫っている、私の調べ物はしてくれる、
30分はかかるコピーはしてくれる 

あら、便利 ・・・・・・まだ、一日目だからか 。


気がつくと、寝ているけど・・・・・・・・・少し、うっとうしい 可愛いw 。
この記事のURL | 日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
悩んでいます。
2008/08/03(Sun)
私も夫も無口(?)な性格、
県外での結婚式ということもあり、

こんな田舎の隣近所でも知っている人は知っている。
知らない人は知らない・・・・・あたりまえですか・・・・・という風でした。

お祝いをいただいた方には、
式の数日後、内祝とAちゃんからの「お土産」の品を持って
「おかげさまで無事式を終えました」と,挨拶にあがりました。

さて、近所hへの挨拶・・・・・、お祝いをいただいた方は終えました。が・・・・・。
我が家の祝い事を知らないお宅は・・・。

可愛いお嫁ちゃんを迎えたんですもの、挨拶はしたい。

でも、挨拶に行ったら、「お祝いを」と気使わせてしまうのでは・・・・・。
何せ、口下手な私、「気遣いくださいますな」と上手に、挨拶できる自信がない(悩)。

夫と、「あ~だ」「こ~だ」。
やはり、班の方には挨拶したほうがいいとの結論に、


Aちゃんからの「お土産」の品をもって

実は、先に予定していなかったので、足りなくなった分は、こちらで用意して
「結婚しました」と,伺いました。





                   


当日、留守のお宅は、後日ということにし,

で、やはり、その日の夕方から夜にかけた、お祝いが届きました(汗)。

「あ~、そんなつもりでは・・・・・・・・ 汗・・・あせ・・・・・・      」

「い~え、来てくれてうれしかったのよ。おめでとうございます。」などなど、
言ってくださり嬉しかった。

さて、気弱の私、お留守だったお宅に改めて、いきづらく、でも、そのお宅だけ行かないのも・・・・・。
どうしたものかな~と・・・・。

この記事のURL | 日々 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。