スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2月の生け花
2011/02/20(Sun)




花材は 桃・キイチゴ・ストック
立てるかたち

   
         02200003.jpg


ストックの葉を整理し過ぎない
枝の裏表に注意・・・表のほうが日に当たり赤みがある

花材を見て 生けるイメージを掴むには
基本形を早く覚えることが何より必要!!! 。





ストックの挿し位置を変えて もう一度

         P1050916.jpg






スポンサーサイト
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正月花
2010/12/31(Fri)




正月花

花材料
松・葉牡丹・千両・蝋梅・・・・あれっ!4種ですよ・・・・なので、この後から柳を足します(笑)。





          P1050622.jpg



 
松の形を生かした とても落ち着いた雰囲気に仕上がっています。






いよいよ今年も大晦日
北陸は寒波が入ってきているようです。

そんな中
おかげさまで今年も家族が全員集合で 無事に年を越せそうです。



お世話になりました皆様ありがとうございました。
来る年が 皆様にとって希望に満ちた年でありますように

どうぞ よい年をお迎えくださいませ。
                





この記事のURL | 生け花 | ▲ top
12月の稽古花
2010/12/15(Wed)
今回の花材は クリスマス仕様です。


開くかたち
カラー・ヒペリカム・ドナセナ・モミ


カラーを主枝にと思えど 留りの安定に自信がなく
葉ものを主枝・副枝にしました。

カラー三本のうち 
「一本は短くして 全体を引き締めるように」とアドバイスがありました。


         P1050575.jpg





花器が変わると 雰囲気も少し変わります

         P1050577.jpg


おっ!と、写真に撮ると 葉の動きの単調さに気づきます。
後から直します。

お洒落なクリスマスの雰囲気になりました。
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11月の稽古花
2010/12/15(Wed)
 
瓶花・長立型

花材は
石化柳3本・モンステラ・グロリオサ         


最初に 石化柳三本のの枝振りを見て
主枝(器の高さ1.5倍・・・感覚で見極める)
副枝(主枝の3分の2)
を決めました。

いまだに、活けるたび基本を確認しています。

動きはあれど弱い枝を中間高にするか 副枝の添えにするか悩みながら 。。。。。。



          P1050547.jpg


大きな作品です。






帰宅後
手抜きで 剣山を使用して盛り花にしました。

           P1050548.jpg


騒がしい気がするので
やはり、瓶花にしてスッキリとまとめてみました。

ただし、稽古より花器が小さいので
石化柳は2本使用・・・良いのでしょうか?


          P1050552.jpg


存在感たっぷりです。
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本いけばな芸術特別企画 in 金沢
2010/09/22(Wed)





日本いけばな芸術特別企画 in 金沢   みる・きく・さわる 

9月22日~23日前期・24日~26日後期 
金沢21世紀美術館、茶室、旧中村邸、赤羽ホールにて開催されています。




22日午後、生け花の稽古仲間と出かけてきました。


西口から21世紀美術館に入ろうとする時 
お師匠さんが、ガラス越しのホールに


小原流の家元のお姿を目に留めたところから 充実の空間と時間が始まりました 。

 




市民ギャラリーA会場入り口
「いけばなの歴史展示」が出迎えてくれます。
      



P1050308.jpg
 
小原流・盛り花







間口5m奥行3mの大作


P1050310.jpg

草月流








P1050311.jpg

小原流
右上の緑の物(?)は20㌔の重さがあるとのことでした。











P1050312.jpg


池坊




シアター21にて オープニングデモ


P1050328.jpg







B1F ギャラリーBは作品展示
力のある作品ばかりで 鑑賞していて 作品に酔っってしまいました 笑。。



下記に私が好きな いくつかの作品を載せてみます。

 

   P1050315.jpg










   P1050318.jpg











   P1050317.jpg









   
P1050314.jpg








   P1050321.jpg










P1050324.jpg










 P1050331.jpg










                                                      P1050334.jpg











                                                       P1050342.jpg





 

     



P1050338.jpg










    P1050343.jpg












    P1050313.jpg











    P1050335.jpg












 


   P1050340.jpg









   P1050347.jpg










   P1050349.jpg







流派もいろいろですが
こうして記載してみると 入門編にいる私ですが自分の好みが見えてきました(笑)。




未だ沢山ありますが、まずはここまで
花材と器との調和・作品の存在感と ズドン(笑)と見ごたえがあり 



近くなら 会期中日参して時間をかけ ゆっくり何度も鑑賞したい企画です。


太っ腹の 入場無料
ぜひおでかけくださいませ。






なお、画像記載に支障がありましたら連絡くださいますか
すぐに、削除いたします。







この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9月生花
2010/09/11(Sat)




瓶花・下垂型
野いばら・アレカヤシ・鶏頭





        P1050288.jpg




野いばらの枝振りから 下垂型に兆戦
枝取りなどお任せでしたので



せめて しっかりと復習します。

主枝は器の高さ1・5倍の長さで 正面より45度に振る
主枝から副枝130度
鶏頭を客枝に
中間高に ”アレカヤシ”で高さをだす。





他の方
盛り花・傾斜型



   P1050291.jpg




枝振りで型が決まります。


残暑がぶり返した一日。



  
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月の生花
2010/07/24(Sat)
花材は 瑠璃球アザミ・矢羽ススキ・アジサイ
立てる形


            

            P1050099.jpg

相変わらず画像がいただけません




瑠璃球アザミを主枝と思ったけれど
長さが足りなくて 矢羽ススキを主枝にしたw ・・・ところが

夏はススキを 高く使わないとのこと 
季節で花材の扱いを 確認する必要があります 






花材が違いの稽古花



直立型 一種生け


           P1050089.jpg
 





開く型
白いグラジオラスの留めが困難そう
今回一番好きな組み合わせです。



       P1050091.jpg







直立型

花は葉から少し顔を出す長さ
ホストの葉の組み方をしっかり覚えたい



           P1050096.jpg



この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6月の生花
2010/06/12(Sat)
ならぶかたち
並列花器を使用 
花材は 万年竹(ミリオンバンブー)・オンシジューム・モンステラ・紫の花?

左から副・主・客枝



GRL_0003.jpg


上から見て楕円に構成されるように活けるようアドバイスを受けた。

花材が大きいからか 他の方は花器のバランスで苦戦していた様子。
写真より実際はもっと存在感があった 。





帰宅後
玄関には 立てる形で少し大人しく笑。


       P1040998.jpg


画像では奥行きが分かり難いかな。
この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「華・花・はな」
2010/05/28(Fri)
小原流金沢支部能登地区花展


   
    P1040941.jpg





私、明日29日午後12時30分より当番でつめております。
「 華・花・はな 」 ご覧くださいませ 。。。







この記事のURL | 生け花 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
3月の生花
2010/03/15(Mon)




流祖小原雲心が草案した 水盤状の器に盛るようにいける様式の直立型




花料 黒芽柳・オランダ菊・椿



             P1040530.jpg


黒芽柳は 枝が赤く色着いている向きを表にする 
風情のある枝を主枝に
剣山の 後部中心より左より(今回)に置く

主枝から「く」の字の剣山左端に副枝の黒芽柳
手前「く」の字の終点に客枝の菊.....自分の右肩方向に生ける。

菊は茎についている小さな葉(芽吹葉)を始末してすっきりと掃除。 
花と葉の様子をよく見て

手前の客枝には 葉の状態のしっかりした菊を選ぶ
中間高にする菊は 葉が大きすぎない花の美しいものを
低く押した菊は彩りのためなので拘らない。


茶飲み話から始まった稽古
されど、汗を光らせて伝えてくれる言葉を
ちゃんと覚えなくてはね。
書きとめながら復習しています。



この記事のURL | 生け花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。